御井の清水の建屋

今日は、御井の清水の建屋に仮枠を設置します。建物内に仮枠のコンパネを受ける木(30ミリ×60ミリ 北洋)をノープラグビス(60ミリ)で固定します。ドリルで下穴を開けて、ビスを締めます。仮枠は、60ミリ角(米松)と90ミリ角(杉)で受けてます。90ミリ角は、鉄製のポストで全体を受けます。
CIMG3115.jpg CIMG3117.jpg

御井の清水の建屋

今日は、御井の清水の壁にブロック(厚120ミリ)をすべて積んで仕上げます。スラブに勾配を付けるので、右側の最上部のブロックは、墨を打って、サンダーで斜めに切って積みます。前壁と後ろ壁で200ミリの勾配を付けます。壁のブロック積みは、これで終了。明日は、スラブの仮枠を設置します。
CIMG3111.jpg CIMG3113.jpg

御井の清水の建屋

今日は、今週月曜日に続いて、御井の清水の建屋の壁にブロックを積み増す。前面は5段、右面は3段、後ろは1段のブロックをそれぞれ積みます。縦、横の鉄筋も入れていきます。前面は、入り口。右面は明かり取りを設置する所のブロックは、省きます。

トンボの製作

今日は、雨で仕事ができなかったので、家でトンボを作ります。2本のトンボにアルミ板をステンのビスで取り付けて、横板と持ち棒の取り付け部の隙間にコーキング(変成 ホワイト)充填して仕上げます。この後、これからまだトンボを作り替えるので、アルミ板を作っておきます。フラットバー(巾50ミリ×厚3ミリ×長さ4000ミリ)を長さ6670ミリに切って、取り付けの穴10か所をドリルで開けます。又、持ち棒を取り付けるL型金物が当たる部分を切って、アルミ板9枚を作ります。今日は、これで終了。
CIMG3105.jpg CIMG3107.jpg

御井の清水の建屋

今日は、御井の清水の建屋を解体して建て替えます。木造の建屋をブロック積み(屋根はスラブ)に建て替えます。既存の建屋は、木造下地に屋根、壁を竹で葺いていて、湿気で腐っていてこれから先のことを考えて、管理がしやすい壁をブロック積みにして屋根はコンクリート打ちにします。このままでは、見た目が悪いので屋根、壁ともこの上に竹を葺いて仕上げます。今日は、前面にレベルで水平の墨を出して、1段目のブロック(厚120ミリ)を積みます。又、清水の水をためるところの水を水中ポンプで抜いて、解体した時に落ちた木、竹、葉っぱの除去もしました。
プロフィール

だいくさんnet

Author:だいくさんnet
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR